一人での引越|格安な引越しを提案|スマートな作業を望むなら

格安な引越しを提案|スマートな作業を望むなら

作業員

一人での引越

ダンボール

業者の選定

まず大事なのは、引越業者の確保です。世の中、引越をする時期は一緒のことが多く、混み合うことが予想されます。引越が決まったら、まず真っ先に業者に引越日時を予約し、荷物の見積もりをしてもらうことです。単身引っ越しだと、パック料金で他の人の荷物と混載するなどして料金を低く抑える方法もあります。単身引っ越しのパックに乗せられる荷物の分量かどうかを実地に見てもらいます。量だけではなく、形や電化製品など質の問題もあります。決められた縦横高さの枠内にはまるかどうかも問題です。安いだけあって、制約もあります。午前か午後か、手伝いや見送りの都合もあるので大切な選択です。荷物が多い場合は、梱包も含めて人員の確保をするかどうかも問題です。

諸手続きをどうするか

単身引っ越しであっても、諸手続は大切です。住居関係では、ガス・電気・水道・新聞・電話・郵便などの料金の精算と、使用停止の手続きです。それぞれの機関に電話をし、切ってもらう日時を決め、メーター等の点検をしてもらいます。正しい料金の精算と次の入居者に迷惑をかけないようにするためです。また、市役所関係では、転出届けや転校届けなどの手続きがあります。他に金融機関の住所変更なども必要です。単身引っ越しでは、手伝ってくれる人やチェックしてくれる人もいません。自分でしっかりと計画的に行います。メモなどに、箇条書きして整理しながら、一つ一つ消化してチェックしていく必要があります。引っ越した後で戻ってくることはなかなか大変です。

Copyright © 2017 格安な引越しを提案|スマートな作業を望むなら All Rights Reserved.